株式会社インフィールド - Infield - CAD Rescue: Support & Service

2次元作画で、3次元CGをリアルタイムに表示! 「見える化」「見せる化」の更なる追求で、高品質な設計・施工を支援し、安心・安全な暮らしに貢献します。

製品のお問い合わせはこちらから

製品概要

「建築設備CAD CADEWA Real」は、電気/設備の設計図・施工図を効率的に作画、編集でき、より精度の高い図面仕上げが可能な建築設備CADです。 "2次元図面と3次元CGのリアルタイム双方向連動"により、平面/断面/3次元CGの各画面を自在に操作することが可能で、複雑化する現場への「見える化」、 「見せる化」、 「合意形成」に絶大な効果を発揮します。 建築業界では、生産性向上を目指す手法BIMが広く浸透し、近年では、施工BIMの注目度が高まっています。 「CADEWA Real 2017」では、他社製CADとの、広範な部材情報の受け渡しを可能とするため、IFCデータ入出力の向上や3次元表現力の強化、属性情報をユーザ開放し、施工やメンテナンスに必要な情報の付加を可能としました。 また、タブレット端末の現場活用を想定し、設備業界初の3D-PDF出力を実装。作業指示や打合せなどのシーンで活用いただけます。

製品コンセプト

特長・機能

リアルタイム3次元CG

リアルタイム連動【特許登録済】

平面、正面、側面どこからでも作画・編集が可能です。操作結果はリアルタイムに連動します。また、3Dモデルもリアルタイムに作画され、3Dモデルから移動や変形を行うことも可能です。編集結果は2次元図面に即時反映されます。

精微な3D表示、3Dの直接印刷

3Dを手前から奥行まで全て透過処理し、綺麗で見やすい3D表示が可能です。 また、3Dの印刷ボタンにより、直接印刷が可能です。 フォンシェーディングの採用により、きれいで滑らかな3D表現が可能です。

CGへの注記、寸法作画機能

3Dウィンドウ上で「コメント注記」や「寸法」を作成できます。

CGへの平面投影

3Dウィンドウへ平面の図形(文字含む)を投影できます。

3D-PDFへの出力

近年増えている現場でのタブレット利用に対応するため、3Dデータの3D-PDFへの出力を可能としました。

PDF対応(読込)

•ラスター機能にPDF読込ができるようになりました。 ラスターの配置編集の角度補正機能が利用でき、斜めのデータを補正できます。 •参照図面機能でPDFファイルが読込できるようになりました。 複数ページあるPDFの表示ページ指定が可能です。

PDF対応(書込)

他変換ソフトを利用することなく、図面の任意箇所を直接PDF保存できます。 CADEWAソフト単体で図面のPDF化が可能です。

CGの断面カット

3Dウィンドウ上で、最大4方向から同時に、モデル切断可能です。3Dモデルの確認したい位置をより明確に早く表示でき、設備の見える化に効果を発揮します。

レベル切断設定

シート毎にフロアレベルを持たせ、1棟1ファイルの表現が可能です。レベル切断設定では、任意のフロアシートレベルを基準に、上下の切断レベルを設定することで、必要な部分を2D,3Dで表示することができます。

ムービー作成、AVIファイル出力

3Dウィンドウから、複数のシーンを登録しムービーを作成できます。作成したムービーは、AVIファイル形式で保存可能なため、CADEWAユーザではなくても動画再生ソフトで再生頂けます。プレゼンテーションに効果を発揮します。

基本機能

UNICODE対応

UNICODEへの対応により、多言語でのファイル入出力が可能です。 建設・設備業のグローバル展開を支援します。 ※ UNICODEに対応したファイルフォーマット「ZDU」「DWG」「DXF」等

作画できるデータ量の拡大

64bit対応
64bitアプリケーション化によりOS搭載メモリをすべて利用できるようになります。 3次元形状の詳細化や大容量図面に対応できます。

※64bit版の建築設備CAD CADEWA Realは、64bitOSのWindows 10/8.1/8 /7でのみ実行できます。

タッチ操作対応

以下のタッチ操作に対応しています。

タッチ操作 CADEWAの挙動
ジェスチャ名 操作内容
タップ シングルクリック
ダブルクリック
左ボタンクリックと同じ動作
パニング 画面を押しながら上下スクロール スムーズスクロールと同じ動作
フリック 画面を押してから さっとはじくように動かす スムーズスクロールと同じ動作
プレス&ホールド 画面を押したまま青い輪のアニメーションが表示されるまで待つ 右ボタンメニューを表示
ズーム 2本の指で間隔を広げたり、狭めたりする 2本指の中央を中心に拡大・縮小

アップデートツール

建築設備CAD CADEWA Real起動時にアップデート情報を通知するアイコンをタスクトレイに表示します。最新のアップデート情報がすぐに入手でき適用可能です。 ※インターネット接続環境が必要になります。

プロパティ

部材や図形のプロパティ情報を常時表示させ一目で確認できます。 プロパティウィンドウから、単独、一括の情報変更・修正が可能です。 また、新機能として機器・器具やルート部材等に対し、ユーザプロパティにて自由に属性を付与する機能を追加しました。CSVでの書出し、反映も可能です。

コンテキストメニュー(右クリックメニュー)

作画済の要素上や、空白の作画領域で右クリックを押下することで、直感的なコマンド選択が可能です。 その他、作画設定値の変更も手元で行うことができます。 これによりマウス移動量が格段に少なくなり、ツールバーでコマンドを探す手間を軽減します。
・関連タブ:右クリックした要素の関連コマンドを表示
・最近タブ:最近使ったコマンドを表示

各種シート機能

BIM対応(IFC入出力)

一般社団法人buildingSMART Japanで策定された「設備IFCデータ利用標準 Ver.1.3」に対応しており、建築CAD等で作画した建築部材情報の取り込みが可能です。 出力時には出力対象部材を選択し、設備部材のみ出力することもできます。

各フロア情報を1図面に読込み、シートに分割する、もしくは各フロア毎の図面ファイルに分割することができますので、フロア単位での作画が可能となります。分割した図面ファイルにレベル情報を付与し統合することで1ファイルで出力することも可能です。

AutoCADとの高い互換性

要 素
ポリライン、スプライン、ハッチング、ブロックを線分に分解することなくAutoCADの持つ属性で読み込み・保存できます。

文 字
AutoCADベクトルフォントは、大きさ・位置をそのまま表示します。Windows プロポーショナルフォントは、AutoCADと見た目が揃うように表示されます。

色、線種・線幅
AutoCADが持つ色と標準的な線種・線幅を搭載し、変換することなく読み込み・保存できます。

ペーパーレイアウト・外部参照
ペーパーレイアウト・外部参照の読み込み・保存できます。

3次元データ取り込み
メーカー等が提供する3D-DXFや3D-DWGが読み込めます。 建築設備CAD CADEWA Realの3Dデータとして新規登録や差し替えが可能です。

XCLIPの読み込み
AutoCADで設定された、XCLIP(表示制限)の図面をそのままの見た目で読み込めます。

ハンドル操作

コマンド起動することなく、ハンドル操作で多彩な編集が行えます。 図面編集の効率がアップします。

作画補助

要素の端点・中点・中心・最終点・近傍点等を検出するオートスナップや、指定点からの距離を表示する基準点の他、X,Y座標を入力する距離入力を搭載しています。

補助線・補助図形の変換

本数や間隔を設定し、複数本の補助線を一度に作画できます。
●要素指示モード
既存線分に対し、平行線、垂直線、2線間の分割線を作画します。
●クリッピング
指定した領域内のみに、補助線作画します。
●補助図形の変換
汎用図形を補助図形に変換します。 同時に、補助図形レイヤへ移動します。

レイヤ

多数のレイヤや階層分けされたレイヤも、簡単に選択できます。レイヤの追加・削除、名称の変更、複数レイヤに対する表示・検出等の設定を一括で変更できます。また、レイヤフォルダ毎の表示検出設定も可能です。 AutoCADの属性(ロック・フリーズ・印刷・ByLayer)にも対応しています。 その他、レイヤ毎で分割したイメージが確認できる分割一覧も搭載しています

印刷、連続印刷

印刷プレビューから印刷状態を確認できます。また色毎の線幅、線種のピッチ等を設定でき、印刷環境として作成できます。さらに連続印刷機能を搭載し、複数の図面ファイルを指定した用紙サイズに自動拡縮して一度に印刷できます。

データ貼り付け、図面/CGコピー貼り付け

図面にWord/Excelデータや画像データ等(JPEG/BMP/TIFF)を貼り付けできます。 大容量データの貼り付けにも対応しています。また図面やCGをWord/Excelに貼り付けでき、資料作成にも効果を発揮します。

インポート、エクスポート

設定マスタや登録した部材データのインポートとエクスポートが可能です。 社内標準マスタや現場での部材データの共有等、現場運用にすばやく対応できます。また、作画環境を図面に保存できるため、図面共有がさらに行いやすくなります。

建築・設備共通機能

撤去記号

「撤去記号」の作画(「工事種別」属性付与)が可能です。
●撤去記号 →材料集計
材料集計出力時、工事種別ごとに出力が可能です。

材料集計

数量・重量が自動集計できます。指定範囲での集計や、工事種別毎の出力が可能です。 集計結果はExcel形式やCSV形式、CI-NET形式で出力できます

【電気】
機器・器具(BOX含む)の個数、配線長さ(垂直方向や隠線部分を含む)が集計でき、電線、ケーブルと電線管を区分けした集計や電線管、ケーブルラック、レースウェイの本数単位での集計が可能です。

【空調・衛生】
機器・器具の個数、配管の材料や長さ、ダクトの板厚毎の面積等を集計できます。また、パッキン(配管)の集計や保温材・施工場所毎の集計、フレキの本数単位での集計が可能です。

鋼材、フロアライン、切断記号

各種鋼材、振れ止めや管・ダクト・ケーブルラック等を吊るための支持金物の作画編集が可能です。 その他、フロアライン作画、切断記号作画等、多彩な機能を搭載しています。

●その他支持金物一例

・Uボルト ・マルチ吊バンド ・ウレタン吊バンド
・Uバンド ・PVCコーティング吊バンド ・吊式ローラーバンド
・ウレタンUバンド ・クッション吊バンド ・置式ローラーバンド
・吊バンド ・ハンガー吊バンド ・立バンド

干渉チェック

電気、配管、ダクト、建築部材に加え、機器・器具との干渉をチェックをします。リアルタイムの設定を有効にすることで、作画しながら即時チェックも可能です。干渉箇所は、2次元,3次元共に赤色で表示され、干渉部材を一目で確認できます。

施工確認マーク

施工現場での、インサートやスリーブに対する施工状況を記録できます。図面に記録することで、漏れがないか等一目で状況確認ができ、施工品質の向上に寄与します。

スリーブ情報の連携

建築設備CAD CADEWA Realで作画したスリーブの座標、サイズ、長さ等の情報を梁スリーブ連携中間ファイルとして出力ができます。 出力した中間ファイルに対応している鉄骨構造CAD等にスリーブ情報を渡せ、スムーズな連携が可能です。

建築図作画・編集

・通り芯の作画
・柱の一括作画(芯ずれ、包絡処理対応)
・壁の連続作画、2点指示作画
・梁の作画
・基礎、床、天井(斜め天井)、屋根の作画
・天井割、タイル割の作画
・壁・柱等は汎用線をトレースして作画
・通り芯の編集・・・・通り芯間隔変更、通り芯の追加・削除など
・躯体の編集・・・・サイズ変更、レベル変更、移動(梁サイズ文字連動)など
・建具の編集・・・・サイズ変更、移動、壁を復元しながら削除、トリミングなど

電気設備機能

電気部材変換

汎用CADで作画された電気図面を書き直すことなく、建築設備CAD CADEWA Realの電気部材に変換できます。(機器・器具、配線、条数、隠線記号、エンド伏せ、省略記号)

機器・器具配置

シンボルは、一般社団法人日本電設工業協会「JECAシンボル」を標準搭載しています。業務用、住宅用の太陽光パネル部材やLED照明器具も配置可能です。詳細寸法を指定できるパラメトリック配置や一括配置、円弧配置等にも対応しています。複数配置時は、配置後に自動で配線を作画できます。

配線作画

施工方法別に色、線種、線幅を設定できます。用途に応じて、配線条数、省略記号、エンド伏せも同時に作画できます。
複数配線の一括作画、ケーブルラック上の配線作画、系統図の配線作画もスピーディーに行えます。
●充実した機器・器具間の配線パターンを用意しています。

●配線の種類、サイズを追加登録できます。

●機器・器具に対する一括作画、集中作画、配線の自動振分け、一括矢印作画、立上下記号作画等、多数の作画が可能です。配線作画と同時にリアルタイムに隠線処理ができます。また点滅回路を設定すると、自動で条数を計算して一括で作画ができます。

技術計算

照度計算、幹線サイズ計算等の技術計算ができます。

編 集

機器・器具編集
配置済みの複数の機器・器具に対して一括で機器・器具の置き換えや配置角度、倍率変更等の編集ができます。機器・器具を移動、削除すると、接続された配線も連動して移動、伸縮、削除されます。
配線編集
作画済みの複数の配線に対して、配線パターンの変更や施工方法の変更ができます。作画済み配線からの継続作画や隠線順位の入替、隠線部分の復元など、豊富な編集機能を搭載しています。配線、ケーブルの複線化、単線化も可能です。

ルミナスプランナー連携(照度分布図作成)

パナソニック株式会社の照明設計アプリケーション「ルミナスプランナー」と連携して、照度分布図を作成できます。建築設備CAD CADEWA Real上でルミナスプランナー計算エンジンを起動できます。
・パナソニック照明器具データをシンボルとして読み込み、図面上に配置できます。
・ルミナスプランナー計算エンジンを用いて照度分布データを作成し、図面上に表現できます。
・パナソニック照明器具ライブラリからダウンロードした照明器具シンボルにおいて、図面配置後にプロパティから「姿図」と「画像」を配置できます。

ケーブルラック、バスダクト、金属ダクト、複線配線

ケーブルラック、バスダクト、金属ダクトが簡単に作画でき、同時に3次元CGにも反映されます。ケーブル、電線管の3次元CG作画も可能です。作画時の自動配線振分けにも対応。
作画後にルート移動・変形・伸縮等が可能です。

展開図、分電盤図、分電盤表

手間のかかる展開図・分電盤図・分電盤表・動力盤図・動力盤表等を、平面図の情報を活用し、自動で作成します。大幅な時間短縮ができます。

仕上げ

図面内に作画した配線条数や機器・器具を検索し、配線注記表や機器・器具凡例表を自動で作画できます。その他、配線注釈、部材の取付高さの作画等、多数の仕上げができます。ペーパーレイアウト上に注釈文字や配線文字を直接作画することができます。

展開図・姿図・単線結線図用形状

展開図・姿図・単線結線図用の形状を搭載しています。展開図は公共建築設備工事標準図「電気設備工事編」の公共施設型番照明器具を多数搭載しています。

材料集計

器具(BOX含む)の個数、配線長さ(垂直方向や隠線した配線長さを含む)等の材料を自動集計します。電線、ケーブルと電線管を区分けした集計や電線管、ケーブルラック、レースウェイの本数単位での集計も可能です。指定範囲での集計や工事種別毎の出力が可能です。集計結果はExcel形式やCSV形式、CI-NET形式で出力できます。

アイソメ

機器と配線を対象に、アイソメ図を自動で作画できます。 機器と配線の系統を立体的に確認でき、施工ミスを防ぎます。

電気編 デモ動画

空調・衛生設備機能

機器・器具配置

空気調和・衛生設備CADシンボル基準「SHASE-S001-2005」を搭載しています。「設備機器 “Stem”」を設備機器ライブラリとして読み込めます。詳細寸法を指定するパラメトリック配置や一括配置ができます。 衛生器具は、よりリアルなCG形状を搭載しています。

ルート作画

高さを意識したルート作画が平面から簡単に行え、同時に3次元CG、断面にも反映されます。 断面から作画をすることも可能です。エルボ、分岐チーズ、ホッパー、立上下げ継手等は操作に合わせて自動で作画されます。

● 機器・器具に設定されている接続点からサイズやレベルを自動で取得し作画ができます。
● ルート間の接続は、多彩なパターン候補から適切なパターンを選択して接続できます。
● 作画済みルートへの保温材表示が可能です。3Dにも表示させることができます。
● エルボ、チーズの作画形状を指定しながら作画できます。(複線、単線)
● 冷媒管・さや管・チューブ管を複線で作画できる機能を追加しました。

● 冷媒管ラックの作画と編集が可能です。

スプリンクラーの対応

スプリンクラーヘッドを一括で作画。包含半径も同時に作画できます。 「配管フレキ」「異径継手」「多口継手」を追加しました。 スプリンクラーヘッドと多口継手をスプリンクラーフレキにて一括で接続することも可能です。

技術計算(揚程計算、静圧計算 他)

豊富な技術計算シミュレーションにより、設計業務を支援します。

静圧計算、揚程計算
指示した配管・ダクトルートに対して、自動で決定した最遠ルートまたは指定ルートから取得した部材をもとに、揚程計算、静圧計算を行います。
ポンプや送風機の能力算定が容易に行え、条件を変えてシミュレーションをする等、計算結果の複数保存、Excel出力が可能です。

制気口算定
部屋面積、天井高さ、冷暖房負荷から制気口(アネモ、ライン)の個数と風量を算出し、一括で配置できます。

自動ルート作画
複数の機器・器具から、負荷単位や風量を取得し、サイズ計算を行いながら自動でルートを作画できます。(給水計算、排水枝計算、ダクトサイズ計算)

編 集

機器・器具編集
配置済みの複数の機器・器具に対して一括で機器・器具の置き換えや配置角度、倍率変更等の編集ができます。機器・器具を移動すると、接続されたルートも連動して移動・伸縮します。

ルート編集
作画済みのルートに対して豊富な編集機能を用意しています。 サイズ、レベル、材質、用途等を変更すると、注釈文字も自動で変更されます。
■機能一例

・ルート移動(*) ・ルート伸縮 ・継手変更
・レベル変更 ・材質変更 ・ルート変形
・直管割 ・ダクト割 ・サイズ変更
・用途変更 ・管端変更

*勾配付きルートの移動時は、レベルを維持するルートを「指示ルート」、「メインルート」、「隣接ルート」から選択できます。

ルートの複線化・単線化、竣工図化

単線ルートを一括で複線化、複線ルートを一括で単線化することができます。竣工図化では、竣工図に適した立上下げ継手処理も可能です。

仕上げ

図面内に作画した機器・器具を検索し、衛生器具リストや制気口リストを自動で作画できます。ペーパーレイアウト上でルートに注釈文字や記号を直接作画することもできます。 その他、多数の仕上げ機能を搭載しています。

材料集計、ルート金額算出

材料集計
器具の個数、配管の材料や長さ、ダクトの板厚毎の面積等を自動集計できます。また、パッキン(配管)の集計や保温材・施工場所毎の集計、フレキの本数単位での集計も可能です。指定範囲での集計や、工事種別ごとの出力が可能です。集計結果はExcel形式やCSV形式、CI-NET形式で出力できます。

ルート金額算出
指定した範囲にある部材の概算金額を算出できます。保存済みの数量集計ファイルから合算出力、増減比率比較が可能です。

配管プレカットリスト作成

配管に加工用の属性を付与し、L寸の作画やプレカットリストのExcel出力が可能です。 現場での加工作業の削減や施工品質の向上に貢献します。

アイソメ

平面図からアイソメ図を自動で作画できます。 配管・ダクトのサイズ、長さ、流量、風量等も同時に作画でき、隠線処理も可能です。 配管プレカットリスト作成時は、必要長、管番号が作画できます。

衛生編 デモ動画

空調編 デモ動画

スペック・動作環境

スペック

項目 内容
図面ウインドウ数 無制限(メモリに依存)
図面要素数 無制限(メモリに依存)
UNDO/REDO 無制限(メモリに依存)
用紙 A0~A6、B0~B6、その他
縮尺 自由
レイヤ数 2048
512色+ユーザ定義256色
線種 106種類+ユーザ定義3968種類
線幅 30種類
フォント TrueTypeフォント
検出 AutoSnap搭載(端点、中点、中心、最終点、要素近傍点等)
自動保存 コマンド実行回数、時間、要素処理回数から選択

動作環境

項目 内容
OS Windows 10(32ビット版、64ビット版)
Windows 8.1(32ビット版、64ビット版)
Windows 8(32ビット版、64ビット版)
Windows 7 SP1(32ビット版、64ビット版)
Windows Vista SP2(32ビット版)
CPU Core i5 シリーズ同等品以上(周波数が高いものを推奨)
メモリ Windows 10,8.1,8,7(64ビット版)の場合:8.0GB以上推奨
Windows 10,8.1,8,7(32ビット版)の場合:4.0GB以上推奨
HDD空き容量 6GB以上
ディスプレイ解像度 1280×768以上 フルカラー推奨
グラフィック OpenGL 3.2対応のグラフィックカード推奨
※全てのグラフィックカードの動作を保証するものではありません
その他 ホイール機能付きマウス、キーボード
DVDドライブ(インストール用)
USBポートの空き1個(ハードプロテクタ用)

※仮想OS(WindowsXPモード/Virtual PC/VMWare/Fusion/Hyper-V等)上での動作は保証いたしません。
※CADEWA Real 2017は、32ビットと64ビットバージョンが使用できます。
●64ビットOS上のCADEWA Real 2017 64ビット版で使用可能なメモリの量はOSの制限に依存します。
●64ビットOS上のCADEWA Real 2017 32ビット版で使用可能なメモリの量は、最大4GBです。
●32ビットOS上のCADEWA Real 2017 32ビット版で使用可能なメモリの量は、最大2GBです。
●CADEWA Real 2017 64ビット版は 32ビットOSにインストールすることはできません。

※大規模な図面(CADEWAのデータで100MB以上)を扱う場合は以下の環境を推奨します。

項目 内容
OS 64ビット
CPU Core i7/Xeon 3.0GHz以上のCPU
例:Core i7 6700、Xeon E3-1245v5など (※2016年時点))
メモリ 16.0GB以上
グラフィック NVIDIA Quadro シリーズまたは、AMD FireProシリーズで、メモリ2GB以上のものを推奨
※例:NVIDIA Quadro M2000 (※2016年時点)

CADEWA Realのカタログデータはこちら

TOP

株式会社インフィールド

    • 大阪オフィス
    • TEL
    • 06-4707-4547
    • 東京オフィス
    • TEL
    • 03-5259-8523
    • 東北オフィス
    • TEL
    • 022-208-8958

電気・空調・衛生設備業者様、CAD・見積積算・その他のシステムの
デモンストレーション、またはCADご指導など
お気軽にお問い合わせ下さい。