株式会社インフィールド - Infield - CAD Rescue: Support & Service

「賢く」「はやく」「簡単に」
お客様の課題解決に導くシリーズ最高峰
フル3次元CAD。

製品のお問い合わせはこちらから

製品概要

現在、建設業界では「深刻な人手不足」「働き方改革による長時間労働の是正」「ベテラン社員の大量離職に伴う若手社員への技術継承」など、様々な課題に直面しています。それらの課題を解決すべく、建築設備CAD「CADEWA」にできることは何か?を追求し「簡単」「速い」「賢い」のコンセプトの基、開発したのが「CADEWA Smart」です。「CADEWA Smart」は業界初の施工チェック機能を搭載し、現場(図面)に潜む様々なリスクを顕在化し品質向上に寄与します。また、必要部材を自動発生させる機能やフル3次元機能により図面作成における省力化に貢献します。

はやい

時短に直結する、スピード。

マルチスレッド

「マルチスレッド」テクノロジーの搭載により、 CAD上の複数タスクを並行処理できます。

リアルタイム材料集計

作画・編集した図面からリアルタイムに部材数量を把握。 重量や容量を検討可能です。リストで選択した部材は 図面上でハイライト表示します。

大容量データ高速処理

高精度な部材表現でありながら、軽いハンドリングを実現しました。

Revit®互換

Autodesk® Revit®※のネイティブファイル(.rvt)を中間データを介さず、直接読込/出力します。 RevitとSmartで相互に干渉確認して作図や統合調整が可能です。 更に、データ互換時に発生する形状の抜け漏れをオブジェクト単位に確認できるチェック機能 (Revitアドイン)を用意し、精度の高い統合調整で時短に貢献します。

わかりやすい

誰もがすぐに使いこなせる、簡単さ。

リボンインターフェイス

ユーザインターフェイスをリボン化し、前シリーズと比べコマンドを集約したことで 直感的にコマンド選択が可能です。

プロパティ

情報集約されたプロパティから材質、スタイル、レベルなど コマンド起動せずダイレクトに編集可能です。

ハンドル操作

コマンドを起動しなくても、ハンドルからダイレクトに作画・編集。 [スペース]キーを押す度に、ハンドル種類切り換え可能です。

スナップ機能

ルート作画時には、常に長さや確度などのガイドを表示 数値入力による指定も可能です。

かしこい

リスクを顕在化する、スマートさ。

施工チェック

図面から一括で、不整合箇所や「べからず工事」(間違った施工方法)をチェック可能です。
手戻り工事が発生しないことは勿論、質の良い図面の作成が可能です。

必要部材の自動発生

ポンプに必要な部材を自動作画。「速い」だけでなく、「抜け漏れ」を防止します。

振れ止めの自動発生

インサートの作画と同時に、耐震基準に沿った吊金物を一括で作画します。

高精度な干渉チェック

部材の開閉領域や開口スペースを判断し、高精度な干渉チェックが可能です。
また、近接する部材の注意喚起、配管など保温材を加味したチェックも可能です。

基本機能

画面構成

1.クイックアクセスツールバー

良く使う機能アイコンを常に表示します。

2.選択パネル

選択条件の設定ができます。フィルタ機能により選択したい用途や色・レイヤなど絞込みが可能で、特定部材をすばやく選択することができます。

3.各種パネル

パネルのレイアウトは自由な位置に配置が可能です。

 様々な補助機能が用意されています。
 ●施工チェック   : 施工上問題ないかチェックする項目を確認できます。
 ●集計結果    : 指定範囲の部材を集計した結果を表示できます。
 ●図面・ビュー管理:フロアや断面ビュー、ぺーパーレイアウト、外部参照、ラスターなどの定義を行えます。
 ●レイヤー    : レイヤ―の確認や変更などレイヤーの管理を行えます。
 ●ブロック管理  : ブロックの作成や編集を行えます。
 ●ビューポート管理: ビューポートの作成や編集を行えます。
 ●シート管理   : シートの作成や編集を行えます。
 ●ジャンプリレー :「ジャンプ」する際の継続項目を設定できます。

4.シート管理

用途や区画に応じて描き分けることができます。シート毎に表示・検出・3D表示の設定が可能です。また、レイヤー毎に表示、非表示状態をシートに割り当てることが出来ます。

5.ビュー

平面・立面・側面だけでなく、何枚でも自由に面を設定でき、どの面からでも作画編集が可能です。
「CG」表示切替ボタンを押下することで、通常ビュー表示と3DCGを簡単に切替え可能です。

画面操作ツールバー

表示に関する操作方法や視点方向などが設定できます。
BOXから平面/正面/側面ビューや自由視点など簡単に切り替えれます。

図面・ビュー・管理パネル

1物件に対してビュー定義やフロア情報・ペーパーレイアウト・参照図面・ラスター(PDF画像データ)などを一元管理できます。

ペーパーレイアウト

モデルから複数の印刷用レイアウトを切り出すことが可能です。
モデルから任意の領域をビューポートとして切り出すことができ、ビューで変更した結果は、ペーパーレイアウトに即時反映されます。

コンテキストメニュー(右クリック)

作画済みの要素上で右クリックすることで、「最近使用したコマンド」や「関連コマンド」が表示され、直感的にコマンドの選択が可能です。

自由な画面レイアウト(マルチディスプレイ対応)

ビュー/各種パネルはポップアップができ、デュアルディスプレイ表示が可能です。
作画領域を広く取ることができます。

ジャンプ

配置済みの部材・要素を「右クリック」することで、同じ部材・要素を作画するコマンドが自動選択されます。
作画条件も自動で設定されるため、作業効率が大幅にアップします。

一括変換

複数のデータを指定したCADデータ形式に一括変換できます。
関係業者とのデータのやり取りもスピーディーに対応できます。

印刷、連即印刷

平面・断面・CGビューやペーパーレイアウト含めた複数ビューの印刷が可能です。
また色毎の線幅・線種のピッチ等を設定でき、印刷環境として作成できます。
連続印刷機能により複数のファイルを指定した用紙サイズで一度に印刷できます。

オートスナップ

要素の基点・中点・端点・交点を検出し、マークで表示するオートスナップ機能により、作画始点などすばやく決定できます。

リアルタイムフル3次元CG

3D図形

汎用の3D図形が簡単に作成できます。「押し出し」により2次元の要素を簡単に3D図形にすることができます。また、「3D形状」の組み合わせ(和、差、積)により、あらゆる3D図形が簡単に作成できます。作成した3D図形はユーザ部材登録時にも利用できます。

点検口・扉等の開閉

点検口や消火栓などは、扉の開閉が可能です。
開閉状態を見ることで取り回し可否やメンテナンススペースの確認ができます。

シーンパネル/ムービー保存

シーンパネルから見たい視点(シーン)を登録することができます。
複数のシーンを登録し、WMVファイル形式で保存できます。
本製品をお持ちでない方も動画再生ソフトにて再生いただけます。

3D-PDF出力

3Dデータを3D-PDFとして出力できます。
1Androidデバイス、iOSデバイスなどのタブレットにて閲覧が可能です。
現場や外出先での打合せがに効果を発揮します。

建築機能

建築図作画・編集

建築図を新規に作成するために必要な部材を豊富に用意しています。

支持鋼材・支持金物

支持鋼材、組み合わせ鋼材もの作画・編集が可能です。

電気機能

作画

単独配線や一括配線、自動火災報知器設備などへの作画に便利な一筆書きモードなど、多彩な作画が可能です。

・R付きパターン配線作画や自動隠線、省略記号作画
・シンボルから適切な配線種別や施工方法を取得し作画
・配線レベルは施工方法毎に予め設定も可能

照明器具の天井切込み図作画や、1本の配線に複数の配線情報を設定でき、適切な配管サイズ計算も可能です。

機器・器具配置

シンボルは(社)日本電設工業協会 「JECAシンボル」を標準搭載しています。また、複数機器の一括置換にも対応しています

各シンボルは、6面図やフル3次元ソリッドモデルを自由に切り替えて表現可能です。

編集

機器の倍率・角度や部材置換、ルート部材移動、レベル変更、条数、末端省略、エンド伏せ、隠線など多彩な仕上げ・編集が可能です。
また、寸法の一括・連続作画や、寸法値を編集しての部材連動移動などにも対応しています。

ルート作画

ケーブルラック、レースウェイ、バスダクト、金属ダクト、ライティングダクト、メタルモールなど多彩な種類の作画が可能です。
また、インサートに沿って、耐震基準に合った吊金物も一括作画できます。

リスト

図面内に作画した配線条数や機器・器具を検索し「電気器具表」「配線注記表」などを自動で作画できます。

部材変換

汎用CADで作画された電気図面を書き直すことなく、電気部材に変換できます。

盤図・盤表

図面内に作画した情報を活用して「分電盤図・盤表」「動力盤図・盤表」を自動作画し、データをExcel出力(電灯設備負荷容容量集計表)も可能です。

外部連携

パナソニック株式会社のルミナスプランナー※と連携
・パナソニック照明器具データを簡単シンボル登録可能
・図面上に照度分布図作画可能
・材料集計へ連動できます
・シンボル属性内の器具写真や姿図も図面に配置可能

材料集計

作画した部材の数量、重量、長さ、電気容量、概算金額などの材料拾いができます。
・作画と同時(リアルタイム)に集計を実施
・図面毎、選択範囲毎などの集計が可能
・集計結果をExcel出力

CADEWA Smart 電気編 デモ動画

CADEWA Smart 電気編の特徴を分かりやすく説明しております。
是非、ご覧ください。

空調・衛生機能

ルート作画

ルーティグを行う際は、サイズ、レベル、レイヤ等必要な情報をプロパティパネルから設定。
プリセット機能で一括で作画色、レイヤ等、設定値を変更して作画が可能です。

平面、正面、側面だけでなく、斜めの表示状態からも作画が可能。

機器・器具配置

空気調和・衛生設備CADシンボル基準「SHASE-S001-2005」を搭載しています。
「設備機器ライブラリデータ交換仕様Stem Ver1.0」の機器を読み込めます。
フル3次元表示での部材配置が可能です。

継手配置

継手・バルブの向きを[スペース]キーで切替ながら簡単に配置できます。
また部材として単独で作画できるので、位置決めを簡単に行う事ができます。

ルート接続

複数の機器・器具に対し、一括でルート作画が可能です。
機器・器具にセットされている各配管の接続点に、適切なサイズを自動計算します。

配管同士の接続は、[スペースキー]を押すことで複数の接続パターン候補を切り替えながら簡単に作画できます。

制気口算定

部屋情報設定コマンドで設定した部屋情報から、部屋名・部屋面積・天井高を取得し、簡易風量計算を行い、制気口(アネモ・ライン)を配置します。

サイズ計算

複数の機器・器具から、負荷単位、風量を取得し適切なサイズを計算します。

ルート編集

作画済のルートに対して豊富な編集機能を用意しています。
・ルート移動 ・ルート伸縮 ・継手変更 ・レベル変更・材質変更 ・ルート変形 ・サイズ変更 ・用途変更

勾配

ルート全体に対して勾配を入力可能。勾配付加後も簡単にルートの移動が行えます。

仕上げ

図面内に作画した機器・器具を検索し、衛生器具リストや制気口リストを自動で作画できます。

材料集計

機器・器具の個数、配管の材料や長さ、ダクトの板厚毎の面積等を集計できます。
また保温材・施工場所毎の集計やフレキの本数単位での集計が可能です。拾い根拠リストも作成可能です。

CADEWA Smart 空調衛生編デモ動画

CADEWA Smart 空調衛生編の特徴を分かりやすく説明しております。
是非、ご覧ください。

CADEWA Smart ダクト編デモ動画

CADEWA Smart ダクト編の特徴を分かりやすく説明しております。
是非、ご覧ください。

動作環境

推奨動作環境

項目 内容
OS Windows 10(64ビット版)
Windows 8.1(64ビット版)
CPU Core i7,i9 シリーズ以降(周波数が高いものを推奨)
メモリ 16.0GB以上推奨
HDD空き容量 10GB以上
(システムドライブにM.2 SSD(NVMe接続)を推奨
ディスプレイ解像度 Full HD(1920×1080)以上 フルカラー推奨
グラフィック OpenGL 4.0対応のグラフィックカード推奨
DirectX 11以上
OpenGL専用対応カードを推奨
(例:Nvidia Quadroシリーズ)
その他 ホイール機能付きマウス、キーボード
DVDドライブ(インストール用)
インターネット接続環境(Web認証時)

スペック

項目 内容
認証方法 Web認証
図面要素数 無制限(メモリに依存)
UNDO/REDO 無制限(メモリに依存)(※図面毎)
用紙 A0~A6、B0~B6、ANSI,ARCH,その他
縮尺 自由
シート数 無制限
レイヤ数 無制限
ペーパーレイアウト数 255
フルカラー(24ビットカラー)
線種 無制限
線幅 31種類(内訳 システム固定:25 ユーザ定義:6 )
フォント TrueTypeフォント、SHXフォント(大きさのみ)
検出 AutoSnap搭載(端点、中点、中心、最終点、要素近傍点等)
自動保存 時間

データ互換

読込可能な図面データ形式

下記のデータ形式について読込可能です。

読込可能な図面データ形式 拡張子
建築設備CAD CADEWA Smart *.ZDW
建築設備CAD CADEWA Real 2015-2017 *.ZDU
建築設備CAD CADEWA Real 2013以前 *.ZDX
CADEWA Evolution *.ZD3
Auto CAD *.DWG(AutoCAD R14-2021まで)
AutoCADのDXF *.DXF(AutoCAD R14-2021まで)
JW_CAD for Windows *.JWW(Ver8.10bまで)
JW_CAD *.JWC
BE-Bridge *.CEQ(Ver5.0-7.0まで)
IFC *.IFC(2×3)
Parasolidデータ *.x_t、*.x_b、*.xmt_txt、*.xmt_bin
SXF *.SFC,*.P21
REVIT®︎ *.rvt,*.rfa(Revit®︎2017-2020まで)

出力可能な図面データ形式

下記のデータ形式について出力可能です。

出力可能な図面データ形式 拡張子
建築設備CAD CADEWA Smart *.ZDW
建築設備CAD CADEWA Real 2015-2017 *.ZDU
Auto CAD *.DWG(AutoCAD R14-2021まで)
AutoCADのDXF *.DXF(AutoCAD R14-2021まで)
JW_CAD for Windows *.JWW(Ver7.00-8.10bまで)
BE-Bridge *.CEQ(Ver7.0)
IFC(設備IFCデータ利用基準V1.3) *.IFC(2×3)
Parasolidデータ *.x_t、*.x_b
PDF形式、3D-PDF形式 *.PDF
SXF *.SFC,*.P21
REVIT®︎ *.rvt,*.rfa (Revit®︎2020のみ)
STL *.stl

ご注意事項
・*.ZDX*.ZD3読み込みは、形状のみの読み込みになります。(部材変換はなし)
・REVIT®︎互換(入出力)はファミリには未対応です。汎用の3Dモデルとして互換します。
・整合性チェックのアドインはRevit®︎2020のみ動作します。以降バージョンについては順次対応予定。

製品一覧

製品名 概要
建築設備CAD CADEWA Smart 賢さ、材料集計、各種計算機能を搭載したフル機能版
建築設備CAD CADEWA Smart LT 平面図作成に特化した機能限定版 (フル機能版と100%互換可能)

ライセンス

プロダクトキーによるオンライン認証方式にてライセンスが取得できます。
ライセンス取得後はオフラインでの運用が可能です(認証後最大30日間)。
ライセンスを利用しない場合にはライセンス返却することで、別のPCにてライセンス認証することで利用できます。
複数人で効率の良いライセンス運用が可能です。

CADEWA Smartのカタログデータはこちら

TOP

株式会社インフィールド

    • 大阪オフィス
    • TEL
    • 06-4707-4547
    • 東京オフィス
    • TEL
    • 03-5259-8523
    • 東北オフィス
    • TEL
    • 022-208-8958

電気・空調・衛生設備業者様、CAD・見積積算・その他のシステムの
デモンストレーション、またはCADご指導など
お気軽にお問い合わせ下さい。